• Featured Image おすすめは、上野です!

    021223
    私が東京のデートスポットでオススメするのは、上野です!
    上野には、まず、有名なアメヤ横町があります!
    ここでブラブラとショッピングすることも楽しいです!
    さらに、上野といえば上野公園です!
    ゆっくり自然の中を散歩するのがとても楽しい公園です。
    上野公園の中には、上野動物園があり、とてもオススメです。
    上野動物園は入園料も安く、そこまで時間がかからずにまわりきることができるので、中に入ったら、ゆっくり休み休み楽しくおしゃべりしながら見て回れると思います。
    ほかにも上野公園にはたくさんのスポットがあります。
    それはやはり、美術館です!
    彼か彼女のどちらかに興味があれば、行ってみるのも良いと思います。
    上野公園の奥の方に行くと、こども図書館があります。
    こども図書館なら、誰でも無料で入ることができ、昔懐かしい絵本や文学の話で盛り上がることもできます。
    (図書館なのであまり大声では話せませんが・・・。笑)
    また、こども図書館近くには東京藝術大学があります。
    学園祭の時期には、上野公園で学生手作りのものが売っているフリーマーケットが行われます。
    手作りということもあり、少々お高めではありますが、世界に一つしかないアクセサリーであるうえに、どれもとてもかわいいです!
    彼女が彼におねだりしてみるのも良いと思います!
    また、上野には、かわいいカフェもたくさんあります。
    自分たちに会ったカフェを、散策して探してみると楽しいと思います。
    ごはん屋さんもたくさんあるので、夜のお店も心配いりません!
    上野でデートをするとなると、1日かかって楽しく過ごすことができます!
    ハッピーメールで午前中に待ち合わせをし、動物園を見がてら公園を散歩し、カフェを探してお昼を食べ、午後はアメヤ横丁で買い物をし、夕食を食べて解散!という流れがおすすめです!
    あまり遅くに動物園に行くと、動物が屋内に入ってしまうので、午前中に行くことをおすすめします!
    万が一はやく予定が終わってしまったら、すぐ近くには浅草もあれば、スカイツリーもあります!
    上野周辺は、飽きることのない楽しいスポットだと思います!



  • Featured Image 彼女が喜ぶデートスポットは最上級のスパ施設「LaQua」

    021222
    東京のデートスポットで人気が高いのが最上級のスパ施設「LaQua(ラクーア)」です。なぜここが人気なのかと言うとアトラクションで遊んだ後に温泉施設でゆったり過ごすという何とも贅沢な一日が過ごせるからです。このラクーアの施設内にはジェットコースターと観覧車が乗れる施設が入っています。ですからちょっとした遊園地気分を味わうことができて子供から大人までみんな楽しめます。しかもラクーアの魅力はそれだけではありません。メインはリラクゼーション施設であり、そちらでは温泉を楽しんだり、サウナに行ったり、エステやマッサージしてもらう施設があったりとリラクゼーションタイムを取ることができます。思いっきり遊んで、思いっきりゆったりできるという一粒で二度美味しい、素晴らしい施設になっているのです。
    この二つの楽しみ方のおかげでうまく人気が別れてくれるので、ジェットコースターや観覧車に乗るために長い時間を拘束されることがありません。あまり待たなくていいのが楽しめるポイントになります。ディズニーランドやディスニーシーは待ち時間が長すぎて、その間に喧嘩になるPCMAXカップルも少なくありません。でもこのラクーアならそのような心配がないので、とても安心できます。ちょっと彼とおしゃべりしながら待てば、順番が回ってくるという丁度いい塩梅なのです。このおかげでデートコースとして人気が高いです。
    それになんといっても夜のイルミネーションの美しさには目を惹かれます。ラクーア内の様々な場所で美しいイルミネーションをカップルで楽しむことができます。これはこの施設にやってくるたくさんの方たちに喜ばれています。幻想的な雰囲気に包まれると女性はすごく嬉しいものです。二人でロマンチックな雰囲気を過ごすことができるのがこのラクーアの魅力の一つだと思います。
    様々な施設を有効利用して楽しめるのがこのデートスポットです。レストランやショッピング施設の充実しているので是非二人で行ってみてください。



  • Featured Image 社会人のおしゃれ休日デートコース

    021221
    学生時代とは違った、ちょっとおしゃれなデートをしたいときは、表参道ランチ→散歩・ショッピング→カフェで休憩→六本木に移動して映画→ディナーというコースをお勧めします。

    ランチでおすすめのスポットは、表参道ヒルズちかくにあるフレンチビストロ、Bistro Le Manです。ディナーもプリフィクスコースで2900円からあるというお手頃価格なのですが、ランチタイムならば、おしゃれな店内でしっかりしたフランス料理が、ボリューム満点で1000円から楽しめます。とても美味しいので、何度か利用しています。
    ここであれば、食後に表参道並木通りをあるいて、表参道ヒルズをウィンドーショッピングするのも便利です。もし、運動不足であれば代々木公園もちかいので、天気が良ければ散歩するのもおすすめです。

    表参道には、おしゃれなカフェがたくさんあるので、すこし歩いたらカフェに入りましょう。おすすめのカフェは、フラワーアレンジメントで有名なニコライ・バークマンが運営するカフェです。カフェに併設されているお花屋さんでお買い物もできますし(見るだけでも、色彩鮮やかなフラワーボックスには思わずうっとりするはずです)、壁一面緑に覆われた店内で、ティーやスイーツを食べるもの癒されます。

    夕方になったら、近くの六本木ヒルズに移動して映画鑑賞しましょう。映画は、会話が楽しめないから、という理由で敬遠する方もいるかもしれませんが、映画を選択する時の趣味や映画の感想などで相手の考え方をしるいい機会になります。六本木ヒルズのTOHOはインターネットから予約もできますので、前もって座席を予約しておくのもいいと思います。映画にかかせないポップコーンも、キャラメル味など複数選択できますので、ぱくぱくポップコーンを口に運びながら、映画を楽しむのもいい時間になると思います。

    その後は、ヒルズ内にあっても、価格が手ごろで、おいしいお店RIGOLETTO(スペイン料理)で食事を楽しみましょう。店内はとてもシャンデリアがあり、ムードがあって、おしゃれです。バルで頼むような小皿(500円)をいろいろと注文するのがお勧めです。フォークとナイフをカチカチするような、かしこまった店よりも、美味しいサングリアと一緒に、タパスをいろいろと試して、映画の感想を言い合うのを楽しめる店をお勧めします。終電後もやっている店なので、時間を気にせずデートを満喫できること間違いないです。



  • Featured Image そういう意味ではスポットw

    021220
    ガチな話です。自分でもビックリしてますよwww。
    昨日の話なんですが、夕方7持くらいかな、友人と某駅前で待ち合わせしてたんですけど、寒風吹く中立っていると、
    あきらかにお酒をたくさん召しあがった感じの年齢の頃60~70代のおじさん(正直言ってオッサン)が話しかけて来ました。道でも聞かれるのかなと思ったら「ねえ、飲みに行かない?、お金ならあるから、ごちそうするよ?」とかニヤニヤ、イヤちょ…っ、ていうか私、ここ明らかに待ち合わせだし?と思い、「いえあの、すぐ(友人)来ますんで」。

    そう言ってしつこくするのをなんとか引き払っていただきました。が!、第一使徒が去ったと思ったら、やはり先ほどのおじさんと同世代?くらいの方が入れ違いにやってきて(これまた、はっきり言ってオッサン)、「あの、お時間あります?よかったらどっか遊びに行かない?」。このおじさんは酔ってなかったし、そこそこ紳士的でしたが、だが第二使徒には変わりない!えええ、どゆこと?と混乱しつつ、「いえあのすぐ、すぐ友人が来るから!」と即効お引き取りいただくと同時に、私はその場を立ち去りました。…あれだ!、思ったことはひとつです。おそらくあそこはそういう暗黙の出会いの場所だったんだ。知らずにボーッと突っ立ってたから間違われたんだわ、そんな少しでも怪しい場所なんか即、撤収ですよ!、とはいえ待ちあわせ場所だから余り遠くに行くわけに行かないのでそこから百歩くらい離れたパチンコ屋でタバコ吸ってたら、隣にいたタバコ客から、ここいらは他に喫煙所がないねえ、と話しかけられました。適当に相槌打ってると…。

    「ねえ、友人来ないねえ、だったらさ、私とさあ…」おのれーー!貴様、三番めか!君が何を言ってるのか分かんないよ。だってコレ全部10分の間の出来事ですからここまで来ると怖いぞ?、だって僕からしたら全員、父さんなんですよミサトさん!僕は逃げますよ!。その後、やっと待ち人来たりて、なんとかそのオッサンナンパ地獄から脱出することが出来ましたが、怖い、怖いぞ西池袋www(言っちゃった★)あ、途中エヴァネタになったのはタバコ吸ってる間、エヴァパチ打ちたいなーと思ってたからです。



  • Featured Image 小笠原伯爵邸

    021219
    小笠原伯爵邸は、都営大江戸線の若松河田駅の河田口を出て徒歩1分の場所にある、昭和初期に造られたスペイン風の洋館です。小笠原家第30代当主、小笠原長幹伯爵(旧小倉藩主)の本邸として、当時有名であった曾根中條建築事務所が設計し、昭和2年に竣工されました。75年の時を経て現代によみがえったこの建物のバンケットルームは、結婚式場やパーティー会場としても使われる豪華さ。その横にはカフェが併設されており、本格的なパエリア(2人前から)、焼菓子、ケーキ、コーヒー各種やオーガニックのダージリンティー、ハーブティー、エストレージャ・ガレリアというスペインのラガービール、ギネスビール、シードル、サングリア、ワインなどをいただくことができます。

    パエリアは注文を受けてから作り始める、具沢山で納得のゆく味わい。ケーキはどれも洗練された濃厚なテイスト。ショーケースから選ぶことができます。スペインのパンであるコカとイタリアのフォカッチャを合わせた小笠原伯爵邸オリジナルのパン「コカッチャ」も名物の一つ。心もお腹も満たされます。店員さんが立つカウンター越しに天井から吊り下げられるのは、イベリコ豚で有名な、本場のハモン・セラーノやハモン・イベリコ。奮発できるならば、レストランでの食事ももちろんオススメです。型にとらわれないスペイン料理が食べられること間違い無しです。窓から見える外の大きな木、ゆったりと流れる時間。二人でゆっくりと語らいながらリッチなカフェタイムを満喫することができるでしょう。。食べ終わった後には、中庭を散策してみましょう。洋館の外装は、クリーム色の壁にエメラルドグリーンのスペイン瓦で、カラフルなタイルが使われています。

    庭にはオリーブの樹や様々な植物が植わっていて、優雅な散歩を楽しむことができます。いつかシャンデリアの輝くバンケットルームでウェディングを挙げることも夢見ながら、二人で歩いてみるのはいかがでしょうか。



  • Featured Image 吉祥寺で昭和風情を堪能

    021218
    東京で一番住みたい街のランキングで、常にナンバーワンになっている吉祥寺。

    この吉祥寺には、数えきれないぐらいの雑貨屋、ファッションショップ、レストラン&居酒屋が点在しているので、何時間いても楽しめるお勧めのデートスポットですが、最近、人気なのは昭和風情が漂うエリア「吉祥寺ハモニカ横丁」です。

    レトロなデザインの店舗が30以上集まったエリアで、歩いているだけでタイムスリップができます。

    ハモニカ横丁の見どころは、路地や空間のデザイン。

    ここの写真を撮りに来る写真家も多く、週末だけでなく平日も多くの人でにぎわっています。

    占いショップ、雑貨屋、スイーツショップなど、バラエティーに富んだお店が軒を連ねる中、一番多いのが飲食店。

    イタリアン、和食、メキシコ料理、ラーメンなど、さまざな味が楽しめます。

    中でも注目なのがワインショップで、ここで買ったワインを近くのレストランに持ち込んで、料理を楽しみながらそのワインを味わえるという、他の街ではできない楽しみがあります。

    立ち飲み屋も多く、しかも昼間からビールやワインを楽しめるオツなお店も何店舗かあります。

    ここには常連さんが多く一人で飲みに来ているので、吉祥寺の通な楽しみ方や、そのお店の裏メニューなどを教えてくれることも。

    ハモニカ横丁は吉祥寺の北口にありますが、南口にはまた違った顔のエンタメスポットが広がっています。

    駅から10分ぐらい歩くと、都会の喧騒を忘れさせてくれる井の頭公園がありますが、その周辺には名物の焼き鳥屋やお寿司屋、多国籍料理のお店など、さまざまなジャンルのお店が広がります。

    井の頭公園を散策して、未来の大物ミュージシャンの演奏を楽しんだり、動物園に行ってみたりしたりするのもおススメです。

    最近リニューアルされた駅ビルには、さまざまな料理がテイクアウトできるお店が入っているので、ここで二人で料理を選びながら買い物をして公園で食べる、なんてデートもかなり盛り上がると思いますよ。



  • Featured Image 昼はまったり、夜はムーディーに

    021217
    大人のデートスポットの定番と言えば、夜景がきれいなところや海の近くなどですが、都会のど真ん中、それも山手線のど真ん中に、ワンランク上のデートができるスポットがあります。

    それは、JR総武線の市ヶ谷~飯田橋エリアです。

    まず、昼間は市ヶ谷駅から徒歩1分のところにある釣り堀で、都会の喧騒を感じながらまったりと釣りを楽しみます。

    この釣り堀は、後ろには車の往来が激しい靖国通りがあり、目の前には黄色とオレンジの電車が頻繁に行きかう総武線、中央線が見え、おもしろいギャップを感じさせてくれる空間です。

    釣り堀のお客さんには、シニア世代の人に交じって、若い人も多く、明るい空気が漂っていて、初めて訪れる人でもすぐになじめるので、意外なデートスポットとしてお勧めです。

    釣り堀デートが終わったら、今度は靖国通りの歩道を飯田橋方面に歩きます。

    距離にして1キロ弱、徒歩20分ぐらいですが、春は桜が満開ですし、夏や秋や木々の鮮やかな色や、通りの横にあるお堀に集う水鳥を眺めるのが最高。

    飯田橋駅近くまで着いたら、ボート乗り場に向かいましょう。

    さっきまで歩いていたこのお堀を、今度はボートで楽しみましょう。

    桜の季節には、お堀にかかる桜のアーチをボートで通過することができるので、最高の美空間を楽しめます。

    冬場はちょっと寒いですが、それでもデートで訪れていたら、盛り上がること間違いなし。

    都会の自然、異空間を満喫したところで、今度はボート乗り場からすぐのところにある、神楽坂に向かいます。

    まずは、坂のふもとにある不二家で、ここでしか食べられないペコちゃん焼(たい焼きのようなスイーツ)を買って、食べ歩きしながら昔風情の街並みを楽しみます。

    デートのクライマックスは、神楽坂にある和食やイタリアンレストランなどでのディナー。

    外国人観光客も多く訪れる場所というだけあって、メニューが非常に多彩。

    二人の気分が盛り上がり、距離が縮まること間違いなしです。



  • Featured Image 東京のデートスポット

    021216
    私は関西出身で彼女と東京へデートへ行ったことがあります。
    その行き先は浅草の雷門です。
    私たちは、お寺が大好きでしばしば京都の清水寺や金閣寺など歴史的にも価値の高いお寺を中心にデートをしていました。
    歴史を感じるものが好きな共通点がそうさせるのだと思います。
    そいう意味で東京では一番有名なお寺である雷門へいきました。
    到着すると、道路に面した入り口から大きな雷門の提灯が登場します。
    左右には風神雷神様が迫力満点の形相でお寺を守っているところには圧倒されました。
    また、境内へ進む道には、京都のお寺とは異なり左右にお土産屋さんが多く出店しています。
    食べ物もありますし、Tシャツなどもあります。
    日本の伝統的な文化を感じるグッズの数々は京都とは少し違ったお寺の雰囲気を感じさせてくれました。
    また、私が一番感動したのは浅草の雷門で販売されているメロンパンです。
    私は、デートをした時に始めて浅草の雷門でメロンパンが販売されていることを知りました。
    テレビでも取り上げられているほど有名でおいしいメロンパンでした。
    1つ200円だったと思います。
    ちょうど渡し私たちの前に、タイから来た女性の観光客の方が並んでいました。
    私たちは英語を話すことができるので、オーダーの方法で困っていたので英語を話して説明しました。
    オーダーも無事に通り、購入することができてほっとしている姿に嬉しく思いました。
    浅草は海外でも有名なところのようで、京都に比べると外国人観光客の数も多いように思います。
    ですので、国際交流もできる場であると思います。
    雷門の周辺には東京の地元の商店街もあるので、買い物にもこまりません。
    また、お値段も非常にお安くなっているので、おすすめです。
    店員さんも年配の方が多いです。
    関西から来た私たちは、東京の言葉を耳にする機会が少ないので会話をするだけでも楽しかったです。
    ぜひ、お寺巡りが好きな人や語学が堪能な方は浅草雷門でデートを楽しんでみてはいかがでしょうか?



  • Featured Image 東京のデートスポット:谷根千(やねせん)から日暮里へ

    021215
    谷中・根津・千駄木がおすすめです。俗に谷根千(やねせん)と称され、東京の下町を満喫できるデートコースです。本郷台地の上から降りて行っても、下から登っていっても楽しいです。今回は降りて行くルートを紹介しましょう。
    まずは本郷三丁目駅(丸ノ内線・大江戸線)で降ります。徒歩5分ほどで「樋口一葉旧居」があります。一葉が使ったと伝えられる井戸もあって、市井の庶民の生活を描いた一葉の足迹をしのぶことができます。次は東大のなかに入って三四郎池で夏目漱石の『三四郎』の世界に浸るのも良いでしょう。東大の向かい側の古書店街を見ながら歩くのも面白いです。西側に入りこめば、東大生が通う老舖の洋食屋さんや、石川啄木の下宿跡や、古い木造の下宿屋さんなどの学生街の文化を味わうこともできます。

    次のポイントは根津神社(根津1-28-9)です。ここはツツジの時期が最高ですが、いつの時期にいっても季節の花が迎えてくれます。森鴎外の『青年』など多くの文学作品にも登場します。団子坂上の森鴎外の住居跡の森鴎外記念館(千駄木1-23-4)も新築されたばかりで気持ちが良いです。
    次は団子坂を下りてタイ焼き屋さんを目指します。団子坂は江戸川乱歩の「D坂の殺人事件」の舞台です。店名「根津のたい焼き屋」(根津1-23-9)はひとつひとつを手焼きにする昔ながらの製法で、外側がパリッとして中がしっとりでたっぷりの美味しいあんこが魅力です。

    蓮の花の時期(初夏)なら不忍の池をめぐって上野公園に出るのもよいですが、今回は北上して谷中に行きましょう。おすすめのルートは「蛇道」です。今は暗渠になっていますが、下には『三四郎』にも登場する藍染川が流れています。
    谷中の商店街は「東京下町レトロ」をキャッチコピーにしています。全長170mほどの通りにさまざまな商店が並んでいます。野良ネコを大事にしている街でもあり、たくさんのネコちゃんたちが迎えてくれます。彼女がネコ好きなら必ず喜んでもらえます。また日暮里駅側には「夕焼けだんだん」という階段があって、谷中の商店街を見おろすことができます。夕焼けが美しく見え、ネコちゃんたちはこの付近にもっとも多いことから「夕焼けニャンニャン」とも呼ばれています。
    日暮里には美味しくて、しかも安い飮み屋さんなど、大人の空間が広がっています。デートのシメはこのあたりで探すとよいでしょう。



  • Featured Image 大人のデートスポット。

    011911.jpg

    東京のデートスポットでおすすめなのは、丸の内駅の新丸ビルなどでのショッピングです。いろんなブランドのお店がありますし、時期によってイルミネーションもはきれいです。ここなら、場所に飽きたら、いろんなところへ行きやすいという点もあります。乗り継ぎも楽になります。新宿や、池袋など、デート相手が別の場所を望んだ時にすぐにいけると便利でしょう。

    ショッピングももちろんですが食事も楽しめます。食事は場所によってはリーズナブルに食べれますし、いろんな店があるので自分や相手の食べたいものが見つかるでしょう。普段なかなか遠出しない方や、たまにはいいものを買いたくなった際にもおすすめです。平日はビジネスマンの方やOLさんが多いです。

    デートにおすすめなのは、いろいろなお店があるので会話に困ることはないでしょう。時々イベントを行っていることもあるのでホームページで確認してからいってもいいかもしれません。雰囲気も都内なので大人のデートが楽しめることでしょう。普段行く機会がない方は特別感を味わうことができるでしょう。

    少し、洋服などはブランドによっては値段がはるので、本格的にお買い物を検討中の方は、予算を高めにしておいたほうがいいかもしれません。なぜおすすめなのかというと、特に一番個人的におすすめなのは本屋さんが、何階にもわたってあるからです。なかなか、ここまで本の種類が充実しているところはないです。デートに本屋と思うかもしれませんが、旅行先の本もありますし、会話に困りません。

    いかがでしたでしょうか。学生時代にバイトをしていた場所の近くなので特によく利用していました。大人にあこがれて、よく入り浸っていたのを思い出します。ぜひ、雰囲気のある場所で素敵なデートを楽しんでほしいです。これからどこか、ショッピングを検討中の方は参考になれば幸いです。あまり行く機会のない方は、道が入り組んでいるので事前に行きたい場所や、道をチェックしてから行くほうがいいでしょう。