仕事や学校帰りにもOK!東京で夜桜を楽しめるデートスポットならここで決まり!

桜の時期は意外と短いものです。しかも、春は何かとイベントが多く、忙しい季節ですから、恋人と昼間にゆっくりお花見をしたいと思っても時間が取れなかったりしますよね?そこで今回は、忙しい二人でも楽しめる、東京都内の夜まで桜を観賞できるデートスポットを紹介したいと思います。

 

■六本木周辺は夜桜の名所?

六本木ヒルズ周辺はビルの多いイメージですが、実はお花見スポットがたくさんあります。例えば六本木さくら坂。約400mも続く、桜並木を観ることができます。夜にはライトアップされた桜と近代的なビルとのコントラストを楽しむことも!平日の仕事帰りでも気軽に立ち寄れるのがうれしいですね。

 

本数こそ多くないものの、毛利庭園でも夜桜観賞を味わうことができます。こちらは23時までライトアップしているので、食事を楽しんだ後でも観ることができます。ちなみに入園料が無料!美しい桜を無料で楽しめるなんて、お得感がありますね。

 

少し余裕のある土日であれば、六本木ヒルズや東京ミッドタウンでデートを楽しんで、夜は桜を観るというのがおすすめのデートプランです。

 

■東京のお花見スポットの定番!目黒川の桜並木は一度は観なければ損!?

川沿いを縁取るような桜並木見ごたえがあります。桜が散る頃のもなれば、花びらが川に浮かび、また違った桜の楽しみ方ができますね。夜間にライトアップされた桜もまた格別。春を感じながら、夜に川沿いを散歩するのも大人ならではのデートかも?

 

ここではシートを広げてのお花見ができません。そのため、賑やかさは楽しめつつも、騒がしさにイライラすることはないのがデートにおすすめの理由の一つです。個性的なカフェやレストランのテラスで食事をしながら観るのもおしゃれな楽しみ方です。

 

 

■六義園(りくぎえん)のしだれ桜は必見!

日本庭園と四季折々の自然一年中楽しむことができますが、見所はやはりライトアップされた、大きなしだれ桜ではないでしょうか?淡い色の花を枝いっぱいに咲かせ、滝のように枝垂れる桜は迫力満点です。昼間は昼間で青空に映えた美しい桜を見上げることができますが、夜は昼とはまた違った、日本庭園にふさわしい幻想的な桜を鑑賞することができます。とってもロマンチックな雰囲気に浸れるので、まだ付き合う前の相手と一緒に観れば、告白も上手くいくかも?

 

山手線沿線にあるので、仕事や学校帰りでも訪れやすいのも魅力の一つ。最寄り駅はJR山手線と東京メトロ南北線の駒込駅で、それぞれ徒歩約7分程度でたどり着くことができます。都営地下鉄三田線の千石駅からも徒歩10分とこちらもアクセスはそれほど悪くはありません。うれしいのは桜の時期に限り、JR山手線の駒込駅から徒歩2分にある染井門を開放してくれることです。ますます気軽に立ち寄れちゃいますね。

 

まとめ

東京都内は夜でも桜を楽しめるところがたくさんあります。アクセスの良い場所も多いので、計画しなくてもふらっと訪れることができます。忙しいからといってお花見デートをあきらめず、いつもの帰り道から少し足を伸ばして夜桜デートを楽しんでみては?

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*