食べ歩きはデートの強い味方!東京の食べ歩きスポットはどこ?

デートで意外にも悩むのが食事です。人それぞれ好みが違いますし、食事が楽しくないと、他のことも嫌になってしまったり。特にデートの回数の少ない相手と出かけるとなると、相手の好みもわからず余計に困ってしまいます。そんなときにおすすめなのが食べ歩きデート!色々なものが食べれますし、相手と別のものを買って食べても違和感はありません。

 

■新大久保で韓国料理!

新大久保はコリアンタウンとして有名です。多くの韓国料理店が軒を連ねていますが、せっかく来たのなら1店舗だけではなく、色々なお店の味を楽しみたいですよね?もちろん、食べ歩きグルメも充実してますよ!韓国風の海苔巻きの「キンパ」や、おやきにも似た「ホットク」、スイーツでは韓国のカキ氷「パッピンス」などが味わえます。

 

新大久保は新宿駅の隣駅になります。1つしかない改札口を右に出て2分ほどで着けますし、アクセスがいいのもデートにはぴったりですね。

 

■谷中銀座は和風の食べ物が中心!

「谷根千エリア」は最近大注目の下町スポットですが、なかでも谷中銀座は食べ歩きができることで有名です。

 

いか焼き「やきや」ではいかの姿焼きではなく、大阪の粉ものいか焼きを食べることができます。お祭りの屋台のような味が楽しめるのが魅力。ビールやチューハイのほか、ソフトドリンクも購入できます。

 

揚げ物好きな人はメンチカツを!谷中銀座では「肉のすずき」と「肉のサトー」のでメンチカツを買うことができます。どちらか一方が「すずき」で、もう一方が「サトー」で買い、交換しながら食べ比べるというのも、二人の距離を縮めるのに一役買ってくれるかも?

 

スイーツは「やなか しっぽや」のドーナツで!谷中銀座は猫が多くいる通りとしても有名です。その猫のしっぽをモチーフとしたドーナツは見た目も味も満足させてくれるはずです。

 

谷根千エリアは上野エリアから歩いて来ることもできます。上野恩賜公園内の美術館や動物園、ボートなどを楽しんだ後に少し長めの散歩をし、おなかを空かせてたどり着くのが谷中銀座、というデートプランも悪くないでしょう。

 

■浅草は「和」の町だけれど、食べ物は「和」にこだわりません!

浅草には下町情緒や「和」の雰囲気を求めて多くの人が訪れます。しかし、和食ばかりにこだわらないところが、人気をさらに押し上げているのかもしれません

 

浅草花月堂のメロンパンは外はサクサク、中はふわふわという2つの理想の食感が味わえます。なかなかの大きさなので、二人で半分こして食べてもいいかもしれませんね。

 

半分こといえば、「セキネの肉まん」も二人で分けるのにはいいサイズかもしれません。ふわふわな見た目とは間逆で中はぎっしり!いい意味で期待を裏切られます。

 

もちろん「和」の食べ物も豊富。「浅草満願道」のいもきんは素材を生かした甘みが人気です。甘すぎないので、甘いものが苦手な人でも大丈夫かも?

 

「東京スカイツリータウン」からも程近いので、併せて訪れてみてはどうでしょうか?

 

まとめ

お互いの買ったものを交換して食べ、仲を深められるのも食べ歩きデートのいいところ。食べ歩きデートをすると決まったら、忘れずに持って行きたいのがポケットティシュやウェットティッシュです。さっと取り出せたら、気の利くところをさりげなくアピールできますね。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*